ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

象祭の季節です

2月です。
エレファントフェスティバルの季節がやってまいりました。

Elephant Festival 2011

毎年サイニャブリー県内で場所を変えて開催されるこの象祭、今年は、2月18日~20日、パクライで開催されるそうです。

詳細はこちら→Elephant Festival

宿泊施設が少ないので、祭期間中は民家にホームステイもできます。申し込みは上記ホームページから。

私は一度だけ、2年前のエレファントフェスティバルに行ったことがあります。よかったらそのときのレポートをご覧ください。

今年も行けるなら行きたいですが、誰か一緒に行く人いないかなぁー。2年前は友達いなくて一人で行ったら、楽しかったけどやっぱりさみしかった。。。
関連記事
スポンサーサイト

| 住 -Living & Culture | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Elephant Festival今年もあります

象祭

今年もエレファントフェスティバルの季節が近づいてまいりました。今年は2月20日~21日の2日間、サイニャブリー県のホンサーHongsaという町で開催されます。

ホンサーって地図で見るとルアンパバーンからは思ったより近いけど、どれくらいかかるんだろう。。。行き方のページを見ると、ルアンパバーンからTha Souangまでボートで、そこからタクシーって書いてある。あるいは、サイニャブリー経由で車で行くか。ルアンパバーンからボートで行く場合は、パクベンのちょっと手前っぽいですね。ボートの方が近そうだし楽しそうではありますが。。。

もっと遠いのかと思ってたけど、これくらいの距離だったら行けそう。あぁ、行きたい行きたい、めちゃくちゃ行きたくなってきた・・・。今年もホームステイプログラムがあるらしいです。ああ、行きたいけど、お客さん来るからたぶんだめだーーー。残念だなぁ。つまんないなぁ。仕方ないかぁ、仕事だもんなぁ~。土日なのになぁ。納得いかないよなぁ。

今年のElephant Festivalの詳細はこちらでご確認ください。とりあえず象がいっぱいいて、まあまあおもしろいと思いますので、機会があればぜひ。こんなときじゃなきゃホンサーとかもなかなか行かないでしょうしね。

参考までに去年のエレファントフェスティバルの様子はこちら

ちなみに、「祭」はラオス語で「ブン」、「象」は「サーン(グ)」なので、象祭は「ブンサーン(グ)」です。
関連記事

| Travel Tips in Laos | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Elephant Festival 2009 in Sayabury

行ってきました、エレファントフェスティバル in サイニャブリー!

サイニャブリーって山の中のド田舎だと思っていたのですが、いやいや、思ったよりずっと大きくて開けた?町でした。だって道も舗装されてるし、立派な橋もあるし。しかし、舗装されてるわりに常にほこりが舞っているのはなぜでしょう??

象さん

象さんの写真はほかにもいっぱいあるのでこちらから。
<See more photos here↓>

Day 1
Day 2

ここではルアンパバーンからサイニャブリーへの行き方だけご紹介。

ルアンパバーンとサイニャブリーの間には通常一日2本(9:00と14:00)バスがあります。40,000Kip。祭の間は増便されていましたが、あっというまに満席に。こんなにたくさんの人が祭に行くとは思っておらず、驚きました。所用時間は約3時間~3時間半。たしかに、こんなに近いならみんな遊びに行くはずですわ。

続きはこちら・・・ちょっと長いです。

≫ Read More

関連記事

| Travel Tips in Laos | 16:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The 2009 Elephant Festival

elephant festival

2009年2月14日~15日の2日間、Sayaboury(サヤブリー、Sainyabuli サイニャブリーという表記の場合もあり。現地語はこっちのほうが近いと思われます。)でエレファントフェスティバルが催されるそうです。

詳細及びFAQはこちら!
http://festival.elefantasia.org/

ラオスの昔の国名はラーンサーン王国。百万頭の象の国、という意味です。象さんと一緒に生きてきたラオス人にとって、象さんはとても重要で神聖な動物です。しかしながら、森林の減少によって象の住む場所がなくなり、経済やテクノロジーの変化に伴い、生活の中で象が必要とされることも少なくなりました。象だけでなく、象使いやその家族の将来についても懸念されています。

このような問題を前に、ラオス及び近隣諸国の重要な文化遺産、自然遺産の一部として、アジア象を守るために何かしないといけないという注意喚起のためにエレファントフェスティバルがオーガナイズされました。今年で3回目だそうです。サイニャブリーは象で有名な場所で、昔から多くの象が森の中で一緒に働いてきたそうです。

フェスティバルでは、象のために寄付を受け付け、象と一緒にラオス文化を体験することができる各種プログラムを予定。エレファント・オブ・ザ・イヤーを決めたりするらしい。サーカスやシネマなんかもあるらしいし、もちろん屋台もあるみたい。

パンフレットを見てるだけで、なんか楽しそう!ちょうど土日なので・・・もし時間が許せばぜひ行ってみたいと思っておりますが、、、どうかなぁ。

サイニャブリーはルアンパバーンの南西に位置しており、ルアンパバーンの南方面行きバスターミナルからバスで4~5時間。ビエンチャンからは火・木・土曜日は飛行機も飛んでいるようです。ビエンチャンからのバスは定かではありませんが、たぶん北方面バスターミナルからサイニャブリー行きがあると思います。なければ、ルアンパバーン行きで「Xieng Ngeun(何て読むんだ?)」まで行き、バスを乗り換えれば行けそうな感じです。

ガイドブックを見る限り、サイニャブリーにも多少のホテルやゲストハウスもあるみたいで、この祭の間はなんと村にホームステイもできるとか!?やだー、楽しそう!!!ホームステイの予約はhomestay@elefantasia.orgから。水シャワーはきついけど・・・ホームステイはしてみたい。。。

ラオス語で象は「サーン(グ)」。乗るは「キー」。「象に乗りたい」は「ヤー(ク) キー サーン(グ)!」。ぜひ使ってみてください。ルアンパバーン近郊でも象乗り体験できるところがあります。

Please be informed that the 2009 Elephant Festival will be held in Sayaboury (Sainyabuly), Laos on 14th & 15th February.

Come and enjoy many cultural activities and entertainment. Outdoors Elephant Museum & Cinema, Elephant Rides, Live Performance, Fruits & Flowers Offerings to elephants, Shows, Concerts, Night Market & Fun Fair, Boutiques, Restaurants, Snack & Drinks are all available !!

More details and FAQs at http://festival.elefantasia.org/
関連記事

| Travel Tips in Laos | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。