ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐニューイヤーですので

先日、珍しくタラートサオなんかに行ったら、なんか見慣れないお店が数軒。

モン族用のお店

モン族の民族衣装を作るためのお店でした。もうすぐモンニューイヤーですもんね~。

それにしても、ビエンチャンにもこんなお店が出るとは、知らなかった。毎年この時期には出てるんでしょうか?そういえば、この時期にビエンチャンにいたことなかったしなぁ。

ビエンチャンのどこかでもニューイヤーのお祝いをしたりするのでしょうか??おうちでしたりするのかなぁ??

ああ、モン族の衣装って、やっぱりかわいい♪(このマネキンのはイマイチだけどw)
こういう店を見るたびに、一着作ってみたい衝動にかられますw(どこで着るんだ。。。)
関連記事
スポンサーサイト

| 住 -Living & Culture | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タラート・クアディンにて

先日、友達の付き添いで、タラートサオ・バスターミナル横にあるタラート・クアディンをブラブラしていたとき。ああ、洋服かけるなんとかケース?欲しいなぁ~なんて見ていたら、その上に妙ちきりんな日本語を発見。

ラ・ソ・プ・・・??

ラソプ

写真の真ん中やや右ですよ~

まあ、こんなのよくあることで、ランプって言いたかったんだろうよ、くらいの想像はつきますけれども、なぜにランプ??と新たな疑問がわいたところで、箱をよく見ると納得。箱の左端にランプらしき絵がかいてありました。

クアディンでは日用品や靴などが激安で売っています。他の市場と比べたことがないのでどこが一番安いのか、とかはわからないのですが・・・日用雑貨の類は充実しているように見えます。食品もあります。

ちなみに土曜日に行ったときは、100円均一ならぬ、「どれでも2つで5,000kip均一」を開催していましたよ。小さなスペースで、雑貨を2つで5,000kip均一で販売していました。こういうのを見ると、別に欲しくもないのに、あれ、買っちゃおうかしら・・・なんて思ってしまう、衝動買いの激しい私です。この日はその後用事があったので何も買わずに済んだのですがね・・・?って、いやいや、どうしても必要じゃないだろうに、30,000kipのサンダル買ってたっけ・・・。
関連記事

| 住 -Living & Culture | 11:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市場ごはんパーティー

友達数人、ナイトマーケットでご飯を買って家飲みをしました。大勢集まれば豪華な食卓のできあがり!

市場ごはん

ひととおり食べたあと、ビールを買い足しにコンビニへ。リクエストにお応えしてのりスナックを買おうとしたところ、思っていたより種類が豊富。意味不明の「ゆうきちゃん」というブランドも発見。おもしろいからつい買ってしまった。っていうか、こんなにのりばっかり買ってどうする・・・。(TAROはのりじゃないよ)

ゆうきちゃん
関連記事

| 食 -Food | 14:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャンの市場めぐり

先日ノンカーイへ行ったときに、(テスコ)ロータスで電気鍋を衝動買いしてしまい、自炊する気あるのか、コイツ?と自分にびっくりしたわけなのですが、えー、結論から言うと、数週間、まだ鍋を箱から出してもいません。。。だって、夜ごはんてそんなに食べないし(主食はビールだからw)、一人で作って食べるのさみしいし。

というわけで、引っ越し直後に日用品を買いに行ったくらいしか、ろくに市場にも行かないわけなのですが、先日ちょっと市場に行く機会があったので、ワクワクしながら写真を撮ってきたのでした。

トンカンカム2

お肉売り場 何軒も並んでる

トンカンカム5

野菜売り場も野菜が山積み

トンカンカム6

唐辛子の量がハンパない

トンカンカム7

値段書いてあるとわかりやすくて助かる

≫ Read More

関連記事

| 住 -Living & Culture | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムアンシン#2 町をぶらぶら編

ムアンシンの見所といえば・・・朝市です!朝もやの中目をこすりながら市場へ行くと、そこには周辺の村から集まった様々な民族の姿を見ることができます。前回来たのが5年前だったけれど、いつの間にか市場が新しくなってました。





朝市では、カオソーイ屋台もたくさん出ていますので、忘れずにカオソーイを食べましょう。ムアンシンはカオソーイ天国!カオソーイ好きにはたまりません。ボリュームたっぷりのカオソーイがいまだに5,000kipとか・・・(昔3,000kipだったけどな)!また、もともとカオソーイの麺や味噌もこっちのほうが本場のようで、レストランの料理にも「なんとかかんとかムアンシン風」みたいに書いてあって、なんだろうと思うと、この味噌で味付けしてあったりしました。とにかくこの味噌好きとしてもたまりません。



町の中には何があるかというと、ぶらぶら歩いてると、お寺があります。お寺の中には福耳のブッダ。

  

 

あとこちら、わざわざ見るほどでもないですが・・・ムアンシン博物館というものもございます。民族衣装の展示や、ムアンシンの歴史なんかが書いてあります。2階はギャラリーになっていました。入場料は5,000kip。プラス5,000kipでアカ族のビデオなんかも見られるようです。

 

道路からちょっと中に入れば、あら、田んぼ!きれいです。



ムアンシンは日本人バックパッカーにも結構人気の場所なので、わりと日本人がいるはずなのですが、私が行ったときは特に見かけなかった気がします。。。さみしい。



お寺に子猫がいっぱいいました
関連記事

| Travel Tips in Laos | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。