ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルアンパバーン町並み保存会始めました②

ところで、そもそも、ルアンパバーンの町全体が世界遺産てどういうこと?ってずっと思っていて、なんで世界遺産なのかも実はずっと知らなかったんですわ。。。

で、イマサラながらユネスコのサイトを見てみたら、どうやら、

伝統建築(おそらくお寺とか)とフランス植民地時代の都市構造が融合した傑出した例であり、このユニークで保存状態のよい町の景観は、2つの異なる文化が交じりあっていくある段階をよく表している。

というようなことが書いてありました。若干訳が変だったらすみません。原文はこちら (→Town of Luang Prabang) です。

要するに、「ラオスの伝統文化とフランス文化の融合」ってのがキーワードらしいです。んまあ、そういうことですよね。いまさら言うほどのことでもないけど。どの建物が世界遺産ってことじゃなく、やっぱり町全体なんだな。そもそも、植民地時代の建物自体が既にラオスとフランスの融合であるんだけども、その建物たちがラオス伝統の建築物たちと融合している町並み景観こそが世界遺産と認められたわけなんですって。

たしかに、フランス植民地時代の建物はラオスの各地に規模の大小あれど結構残っているわけで。でもこうお寺とかと混在してるのはルアンパバーンの特徴なのかもしれませんね。

ってむかーしこういう「町並み」だとか「景観」だとかいうものすごく他人に説明しづらく何の役にも立たないようなことについて勉強をしていたので少し興味のわく分野ではあります。ま、何はともあれ、あまり難しいことは考えず、単純にルアンパバーンのいい感じの建物(主にコロニアル時代のもの)の写真を勝手に撮りまくっていきたいと思います。

ストリート1  ストリート2

だいたい、なんでもかんでも(ちゃんと基準があるんだからそういうわけではないんだけど)世界遺産になっちゃって、ありがたみも減ったというかなんというか。とかいいつつ「世界遺産」て聞くとじゃあ行っとこうかなーなんて気持ちになってしまうミーハー者ですが。

そんな世界遺産のリストは↓からお調べいただけます。

World Heritage Centre
社団法人日本ユネスコ協会連盟-世界遺産活動

他、世界遺産好きのためのリンク集

NHK世界遺産
THE世界遺産(TBS)
世界遺産資料館(いろいろ詳しい)
世界遺産(用語を調べるときに)
世界遺産検定(略して「せかけん」)
スポンサーサイト

| 町並み保存会 -Architecture | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルアンパバーン町並み保存会始めました①

ルアンパバーン町並み保存会が発足しました。

主な活動内容は、ルアンパバーンにある古いお寺や素敵な建物の写真を撮ること、です。主な、というか、活動内容はそれだけです。現在会員数は1名で、特に増える予定もないですが、来るもの拒まず、去るもの追わずです。個人的にルアンパバーンをプラプラ歩いて、素敵な建物を鑑賞して写真におさめて、後でそれをたまに見返して喜ぼうという趣向。

世界遺産に登録されるとユネスコがしゃしゃり出てきて、建物の改装や改築なんかもユネスコの許可をもらわないといけないわけで、一応町並みや古い建物は保存されてゆくのかなーと思いきや、実際は(ルアンパバーンにおいては)許可さえおりれば建物の中身は全く新しく造り替えてしまったりとかいうことが平気でされているらしいです。たしかにメインストリートあたりも外見まで少し変わってきたところもあるし、メコン川の方なんかは全く新しい建物に変わっている気がします。

だからルアンパバーンは世界遺産から外されてしまう可能性とかもあるとかないとか、っていうことを言っている人がいます。そうなったら観光客も減って困るでしょうよと思いつつ、まあ、古い建物残すのも面倒そうだもんねーなんても思うし。。。時間が経てばやっぱり変わっていくのはある程度仕方がないと私は思うので、変わっていく町並みがいいとか悪いとかそういうのはとりあえず置いておいて。。。

でも、いい感じの古い建物、なくなってしまう前にせめて写真に残しておきたいなーと、そんなようなことをある日急に思いつきました。今見えている建物だって、もしかしたら既に昔のそれとは違うのかもしれませんが、それも21世紀はじめのルアンパバーンの姿。それもいいと思います。古いとかいったって、19世紀、20世紀の建物ですから。

今までなんとなく全体の町並みとしてしかとらえていなかったけど、個々の建物を見てみると、素敵なものがあることに気付きます。なのでこれからはたまに町を歩いていい建物を探していきたいと思います。あーあ、新しいカメラがほしーよーー、おかーさーーん。この前日本帰ったとき買ってくればよかった。。。

例えば青い柱がかわいらしいこんな建物

ミーサイブティック1

電線が邪魔ですが、屋根の下の部分、建築用語がわかりませんが、彫刻がすごいきれい。かわいい!

ミーサイブティック2

とかこういうのを素人なりに見て勝手にはしゃいでいこうと思います。あくまでも個人的趣味であることをご理解いただければ幸いです。。。

| 町並み保存会 -Architecture | 14:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。