ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薬草サウナ

ということで、寒い夜にはサウナです!

ラオスには結構薬草サウナがあって、地元の人もよく通っているみたいです。寒い時期だけでなく暑い時期にもよいですが、これだけ寒いとサウナ行ってあったまりたいですねー。薬草の香りとハーブティーが体によさげ。スチームサウナなので熱すぎずソフトな感じがまたいい。

ルアンパバーンにもいくつかあって、旅行者がよく行くのはワット・ビスンの前の赤十字。

ですが私のお気に入りはワット・マイの近くのサウナ。ちゃんと部屋は男女分かれているようなのですが、いつ行っても人が少ないからか一つしか使ってなくていわゆる混浴です。ここは場所の割りにローカルっぽさがグッド。だって人ん家なんですもん。お値段は一人10,000K。布とタオルは貸してくれるので、荷物も持たずに思いついてふらっと行ってもOKです。マッサージもあります。

最近メコン沿いやメインストリートでもサウナの看板見つけました。でもやっぱり私は同じところに行き続けるんだろうなぁー。なぜなら昔からあったから。

ルアンパバーンのホテルはバスタブのないホテルが多いですよねー。でも、バスタブがあったところでほとんどは途中で水になってしまいます。シャワーはOKですがバスタブにお湯はって浸かれるところは数軒しかないです、あまり期待しないよう・・・。だからむしろバスタブ作るより、サウナ作ってくれたら嬉しいのに、って最近思います。
関連記事
スポンサーサイト

| 住 -Living & Culture | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルアンパバーンにも冬がきた

2日前くらいからまたまた急に寒くなったルアンパバーンからこんにちは。

いやいや、前に寒いって書いた後実はそうでもなくなってしまって、私が必要以上に寒い寒いといって怖がらせてしまったお知り合いの方々には、なんだ暑いじゃないかと怒られ、肩身が狭かった私ですが、彼らが帰ってしまってからもっともっと寒くなってしまい。。。けど信じてもらえないんだろうなぁー。ほんとに寒いんす。

昼間は、日が出てくると暖かくなり少し歩くと汗ばむくらいだったりして。欧米人とかキャミソール着てたりしますけど、私はそれでも今は長袖ほしいと思うくらい。ひなたぼっこが気持ちいいです。

なのに夕方、日が沈むと冷えてきて、夜寝る頃には寒い寒い。寒くて寝れません。寝袋がほしい・・・。たぶんちゃんとしたホテルはもうちょっと部屋もあったかいでしょうし、高級ホテルになると暖房ついてる?って感じで暖かいのですが、私の家はすきま風がピューピューしていて(笑)。もう一枚かけ布団を買おうかと思っています。

エアコンなんかよりストーブがほしい。電気ストーブとか売っていないのでしょうか。湯たんぽとか、電気毛布とか。ほんとそれくらいの勢いです。

この寒さの中一人身はこたえます・・・

ってそんな話はどうでもよくて、これからルアンパバーンにいらっしゃる方は、日本からちゃんと冬服持ってきてくださいね。ついでにあっためてくれるダーリンも連れてきたほうがいいかもね!
関連記事

| 雑記 | 11:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麺といえばこれ!

私が世の中で一番好きかもしれない麺料理、いやそれは気のせいかもしれないけれど、でも一番好きなラオス料理といってもいいくらい愛するのがこのカオソーイ。

ちょっとピリ辛の肉味噌みたいなのが入っていてほんとーにおいしいのです。一緒に出される野菜はそのまま食べてもスープに入れてもOK。ルアンパバーンではおこしを入れるのが通らしい。ちなみにおこしはいくつ入れたか会計のときに自己申告するそうです。

ラオスでも北部のほうでしか食べられませんので、ビエンチャンとかではなかなか目にしないと思います。ルアンパバーンにいらした際にはこれを食べずに帰るなんて絶対ダメですよ。ビエンチャンで食べようと思っても遅いですよー。

カオソーイ

もうひとつ、日本人に好かれる麺はこのカオピアック・セン。もちもちとしたうどんのような食感と、とろとろのスープが非常によく合います。

私は薄味が好きだからそのままでも十分おいしいと思うけど、ラオス人は砂糖や唐辛子やしょうゆ、ナンプラーなどで自分好みの味を作っています。自分の味が決まらない私は下手にいろいろ入れるとまずくなってしまうのであんまりやりません。砂糖と唐辛子をちょっとずつ入れるとおいしいですが、いまだに加減がよくわかりません。

通はたまごを入れてもらうらしい。ぜひお試しあれ。

カオピアック

いくつか人気のお店があります。私が知ってるのはごく一部ですが、機会があればいろいろ試してみようとは思っています。でも面倒だからついついいつも同じところに行っちゃうんですよね。
私の好きな店はいずれもサッカリン通りにあります。
関連記事

| 食 -Food | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日曜日は安息日

ビエンチャンに来て驚いたこと。日曜日はお店が閉まっているのです。

普通といえば普通のことなのかもしれませんが、、、いや、オフィスならわかりますが、レストランとか服屋さんとか、パンク修理やさんとかテーラーとか・・・みんながみんな休んでしまったらせっかくのお休みの日も何も買い物できないじゃないですか?在住外国人御用達(と思われる)ピンポンマーケットさえも閉まっていました、昨日!泣けてきますよ。もうちょっとがんばろうよ。

もちろん全部が全部閉まるわけではなく営業しているお店もありますが、日曜日だからこそ営業していてくれないと困る店ってあると思うんです。平日遅くまで営業しているならともかく、4時5時になると閉まり出すし。。。

唯一のショッピングモール、タラートサオモールの中のテナントでさえ、4時5時になると閉まってしまうのですから。古いほうのタラートサオはわかります。でも、ショッピングセンターでしょ??しかも昼間なんて暑いから夕方開いてたほうが絶対人入るのに。。。

って思うのはカンボジアから来たせいでしょうか。カンボジア人は昼間より夕方のほうが外に出ます。ショッピングセンターだって9時くらいまで開いていました。屋台だって夜遅くまで開いています。

不思議に思って会社の人(日本人)に聞いてみたのですが、日曜日お店休みでみんな困らないんですか?って。そしたら、その人は、日曜日はみんな家で寝てて外に出ないって言ってました。安息日はちゃんと休まなきゃいけないのですね。普段そんなに疲れるほど仕事してんのかよー!?

ルアンパバーンは、ツーリストエリアにいる分にはそんなに困ることはなさそうです。ただ、ミニマートでさえ早く閉まってしまうので、とにかくお買い物は明るいうちに!が鉄則です。夜開いてるのはナイトマーケットだけかいな。
関連記事

| 住 -Living & Culture | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Green Park Boutique Hotel (Vientiane)

ビエンチャンで私が一番お気に入りのホテルです。グリーンパーク ブティックホテル。2005年にオープンしたまだ新しいホテルです。

町の中心部からはすこーし離れてはいますが、シャトルバスも出ています。とはいえ、歩こうと思えばタラートサオくらいまで歩ける距離です。

ラオスタイルの建物、オープンエアの開放的なロビー、リバービューのレストラン、全室バルコニー付でプールビューの明るく広いゲストルーム、ゲストルームのインテリアやファシリティ、やばいです、どれをとっても私の好み☆

Outlook   Restaurant

DLX Room

(外観、レストラン、デラックスルーム/写真提供:グリーンパーク ブティックホテル)

まあ、私の好みはさておいても、新しいのできれいですし、庭やプールもあって南国ムードもあり。インターネットも無料。スパ・フィットネスセンター・ビジネスセンター・ミーティングルーム完備。

ラックレートで145ドルから。ホームページ等で予約すればもう少し安くなるようですね。値段の価値はあると思うけどなぁ~。全部で34部屋しかありませんのでご予約はお早めに!

Green Park Boutique Hotel

前は寝るだけのところにそんなにお金を出したいとは思いませんでしたが、ホテルで働いてからホテルに興味が出てきてしまい、こんなホテルなら泊まりたい、そしてまた働いてみたいなぁとか思ってしまいました。対応してくれたセールスの子もちゃんとしてたのでかなり好印象でした。
関連記事

| Travel Tips in Laos | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。