ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Traditional Arts & Ethnology Centre

タラート・ダーラーの隣の坂の上に、2006年にできた民間経営の資料館があります。名前は、Traditional Arts & Ethnology Centre。「伝統文化民族学センター」とでも訳したらいいでしょうか。

TAEC5 ←入口

こちらでは、ラオスの少数民族の文化や生活について展示しています。カラフルな民族衣装や、伝統的な生活文化の展示パネルは非常に興味深く、ラオスが多民族国家であることを改めて認識させられます。

といいつつ、説明はラオス語と英語のみなので全部を読む気にはならないのですけどね(笑)。入口には、パネルの内容を日本語に翻訳したファイルも用意してあるようです。

TAEC2   TAEC1
↑少数民族好きにはたまらない(笑)

小さな資料館ですが、館内にはショップもあり、写真や少数民族の民芸品などを販売しています。どれもかわいくて、女の子だったら好きそうなものばかり。お値段も手頃なもの多いです。

TAEC3 ←キュートな民芸品多数

また、フレンチレストラン、ル・エレファントによるカフェも併設されていてカフェだけの利用も可能です。タラート・ダーラーに行ったついでに休憩がてら行ってみるのもよいでしょう。

TAEC4

資料館の入場料は20,000Kip。月曜日はお休みです。
関連記事
スポンサーサイト

| Luang Prabang Info | 12:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Cold River GHはニュービルディング建設中らしいですよ→まだでした!

ルアンパバーンには、ナムカーン沿いにあるCold River GHという日本人バックパッカーに人気のGHがあります。私もバックパッカーしてたときはお世話になっております。

こっちで生活しはじめて最初の頃は顔出しにも行ったのだけれど、やることなくてすぐ帰ってきちゃったっけ(笑)。で、そのあと行ってない・・・。ポー(お父さん)とメー(お母さん)しか私の顔覚えてくれてなくってね。それに、日本人には会いたいのですが、旅の話聞いたら絶対うらやましくなっちゃうだろうからそれが複雑で。

ところで、ここのポー、空港でタクシーのドライバーしてます。なのでもしあなたがコールドリバーに泊まる予定で、行き先を告げて小躍りしているドライバーさんがいたら(小躍りはしないか・笑)、それはポーかもしれません!?

さてさて、先日友人を空港へ見送りに行き、トゥクトゥクもいないし、仕方なくタクシーで帰ろうとカウンターでお願いすると、やって来たのはポーでした。GHはどうよ?って聞いたら、日本人いっぱいいるよって。で、今またニュービルディングを建ててるんだって言ってましたよ。すごいねー。。。どんどん進化するコールドリバーでした。

また遊びに行くね。
(ほんとはあそこのタダ飯になんとかありつけないかと思っているのですが・・・泊まってもいないのに甘いか・笑)

んー、全然バックパッカーや旅人と話をしておらん、つまりません。。。ナイトマーケットやレストランでたまに日本人らしき人も見かけますが、恥ずかしくて話しかけられないんです、こうみえても人見知り。。。それにラオス人に間違えられたら悲しいし(笑)。

(→4/7追記 GH行ってみたらまだ工事も何もしとりませんでした。今後の予定の話だったみたいです、すみません。)
関連記事

| 雑記 | 12:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ADSL開通!!!!!!!!!!!

えー、なんと!
インターネット使えておりました~。

電話は相変わらず使えないままで、まさかなーと思いながら試しにケーブルつないでみたら、
・・・インターネット繋がってるじゃないですか・・・。
なぁんだ、じゃあ週末もずっと使えてたんだ・・・。
もっと早く試せばよかった。

これがなんと、結構速い!
ああ、幸せです。
現代人にまた一歩近づきました♪

じゃあなぜ電話はまだ使えないのだ?
面倒くさい、誰かラオテレコム行ってきてください。

病に倒れてますます実感したのですが、一人はやっぱりキツイですな。
おつかい頼めるスタッフもおらず、雑用頼めるスタッフもおらず、全部自分でやるしかなくって。
私用ならまだしも、オフィスのことじゃないですか。。。
言葉もできんのに一人でどうやってやれと。

まあ、一人でいるのを理由に全然ラオ語の練習もせず、全くもって上達していないのがいけないのですが。もうすぐ5ヶ月ですもんねー。。。

でも聞ける人いないんだもん。
英語か日本語できる人じゃないと教えてもらえないし、間違いを直してもらえんではないですか。。。

えー、ところで、病気の間も、ネット繋がらんと思ってたときもブログの更新がされているのは・・・予約投稿というワザがあるからです。。。
関連記事

| 雑記 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ある探検家のお墓

アンコールワットをヨーロッパに紹介したアンリ・ムオ(Henri Mouhot)というフランス人探検家がいるそうで、なんでも彼は実はルアンパバーンで亡くなっていたらしく、ルアンパバーンに彼のお墓が残っています。といっても、お墓は彼の死後数年後、有志により建てられたものだそうですが。

Mouhot1   Mouhot4

(お墓とその説明。フランス語じゃわからん。。。)

お墓は織物の村として有名な(有名だった、が正しいかも。今はほとんど観光客も行かないみたいです。)バーン・パノム(パノム村)を越えてさらに5kmほど、カーン川を臨む静かな場所にひっそりと建っています。小さいながらも看板があるので道に迷うことはないはず。自転車、バイク、トゥクトゥクなどでアクセス可。ただし、道は未舗装でアップダウンもあります。

Mouhot3   Mouhot2

(バーン・パノムを越えると左のような看板がいくつか分かれ道にあります。右の看板が見つかったら、お墓です。)

Mouhot5

(お墓からはカーン川のほとりにあります。)

私はそんなに興味はなかったですが、歴史好きの人は行ってみたい人もいるらしく。。。興味のある方はぜひ行ってみてください。

ちなみにそのちょっと先にはAll Lao Travel Serviceが所有するエレファントキャンプ(All Lao Elephant Camp)があり、エレファントライドを行っています。そのもーっと先には、もう一つ、Tiger Trailという会社のエレファントキャンプもあります。どちらの会社もオフィスがシーサワンウォン通りにあるので、詳細はそちらでチェックしてみてください。トレッキング、バイキング、カヤッキングなどのアドベンチャー系ツアーいろいろあります。
関連記事

| Luang Prabang Info | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨が降りました

体調悪くて死んでおります。おとといの夜中からおなか痛いわ吐くわでしんどいです。昨日はほとんど一日横になってたので今日はましになりましたが、まだあんまり食欲はなく、熱もあるみたいで。。。

2日前にとうとうインターネットが開通しました!が、、、電話代未払いで電話止められてて使えません。その日のうちに電話代払ってきたのに。夕方には使えるって言ってたのに。。。なぜ!?昨日は外出る気しなくて確認にも行けませんでした。そして週末。結局来週までおあずけです。

電話線使えないと、ダイヤルアップもできないんですね。だから家で完全にネットできなくて。。。仕方ないので外に出てみました。何か食べないといけないでしょうし。おとといの夜からロクに何も食べてないし。

私もともと健康体で、日本にいるときも熱とかあんまり出したことないのに。カンボジアにいるときも保険の世話になるようなことなかったのに。うーん、ラオス来てからは結構熱は出てますね。歳かなぁ・・・。食生活改善しないとか。。。

ところで昨日ルアンパバーンは雨が降りました!結構強い雨だったみたいです。といっても私は寝てたので音でしか判断できなかったけれど。。。午後からたしかに雷が鳴っていて、そんな前触れはありましたけども、夜ザーっときてました。乾季もそろそろ終わりかなぁ?
関連記事

| 雑記 | 19:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。