FC2ブログ

ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルアンパバーンのまあまあ最新情報 その1

ルアンパバーンの街をちゃんと歩くのは9月ぶりなので、それ以降に変わったなぁ~と思われるところをいくつかメモ。隈なく歩いたわけではないので見落としもあるでしょうが。あと、写真はほとんどなくて、すみません。

まずは、新しくオープンしたお店の情報から。

メインストリートに新しいショップがオープン

タイとラオスでバックパッカー向けのバスツアーなどを行うStray Asiaという会社のオフィスがメインストリートにできた(これも割と最近)のですが、その中に、「Ma Te Sai」(綴りは違うかも。。。ちなみにマーテーサイ?は「どこから来たの?」という意味です)というセレクトショップができました。

メイドインラオスの商品やフェアトレード商品などを集めて販売しています。ビエンチャンの「Noi Noi」(レストランmakphetの中やタラートサオにあるショップ)で売っているカラフルなぬいぐるみなども扱っていますので、ビエンチャンに行けない人でもあのキュートなぬいぐるみを手に入れられますよ♪


プーシー裏にヤオ族の資料館がオープン

メインストリートから見てプーシーの山の裏側からワット・ビスンに向かう途中に、ヤオ族の資料館ができていました。入口は民芸品などのショップで、その奥にヤオの民族衣装やアクセサリー、古い書物(昔は漢字を使っていたんですね!)や神棚?、村の写真やモデルハウス(!)などがあります。ヤオ族は中国から来た民族で、ラオスの北部、ポンサーリーやルアンナムターに多く居住しているとのこと。資料館は入場無料です。

yao museum

ショップ&ミュージアム入口

yao house

モデルハウス!

≫ Read More

関連記事
スポンサーサイト

| 雑記 | 12:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。