ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cantonese Restaurant

ドンパランのD-MART前にあるレストラン、私ははっきりとはわかりませんが、そういう名前なのだからきっと広東料理なのでしょう。

Cantonese Restaurant 4

スーパーの入り口前が店舗です

お肉とご飯とスープのセットがたしか15,000kipとか、20,000kipはしないくらいでした。お肉の量は多くはないけれど、値段にしては満足できます。味は、まあまあ。写真はダックです。

Cantonese Restaurant 1

米さえ食べれば腹もふくれる・・・

味薄めの麺も同じくらいの値段でした。とうもろこしがどんと乗っているのが新鮮。お肉は単品で頼みました。これが一番値段高かった。

Cantonese Restaurant 2

スープは味が薄め

セットメニューや単品ほ他、自分で好きなおかずを選べるセット?もあり、好きなおかず4品にスープつきで、これもたしか15,000kipとか20,000kipとか、それくらいの値段だったように思います。とにかく見た目より全然安いお店です。

Cantonese Restaurant 5

どれにしようか迷っちゃう

実際にここで食事をしたのは一度きりで、その後しばらく行くこともありませんでした。D-MARTにはそこそこ買い物にも行くのですが。で、週末の昼間にお店の前を通ったらお店が閉まっていて、やっているのかやっていないのか定かでない状態になっていました。まだこのお店やってるんでしょうか?気が向いたらD-MARTに買い物がてら様子を見に行ってみようと思います。

Cantonese Restaurant 3

ぶらさがってる鳥さんたちは偽物でした
(って連れが言ってた)
関連記事
スポンサーサイト

| 食 -Food | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Noodle House

Khop Chai Deu 系列の、NOS Sushi Barというお店があったのですが、ちょっと前に新装開店いたしまして、「Noodle House」というお店に変わっていましたので、どんなものかと行ってきました。

内装は特に大掛かりな改装などもなく、ほとんどNOSのまま使っていました。なので、むだに広いカウンターが中央にあったりします。

Noodle House 2

青い照明もたぶんそのまま

メニューはいたってシンプル。本当の本当に、ヌードルしかないようです。種類も10種類くらいでしょうか。フーに、カオピアックにパッタイに、、、って、どこでも食べれるしそれに20,000kipとか25,000kip出すのはなんだかなぁと思ってしまうローカル根性。ルアンパバーンのカオソーイもあって気になりつつも、結局頼んだのはスキ・シーフード。

Noodle House 1

お茶とビールが同じ色

なんで「スキ」と呼ぶのか、タイスキみたいなイメージなのか、いまだに深く掘り下げようとしないのでわからないままですが、このスープ麺が一番高かったメニューで35,000kipでした。どんだけハイソな人をターゲットにしようとしてるんでしょうか。

シーフードもいっぱい入っていて(まあ、エビとイカですけど)、味もよかったけれど、35,000kip出してまた食べたいと思うかといったら、そりゃ思わないでしょうw せめてもうちょっとサイドメニュー的なのも出すとかしたらいいのでは。一杯じゃ物足りないと思っても、麺2杯ってわけにもいかないし。

一体どこへ向かおうとしているのか。ちょっと心配な感じです。

なんでスシ屋さんやめちゃったんでしょう。いつもいっぱいってほどではなかったけど、お客さんたまには入っていたようでしたが。私には高級すぎて全然行かなかったけど、お金持ってる日本人の方なんかはたまに行ってらしたと思いますし。(僻み歪み、お許しくださいw) 金持ちラオス人も、スシにならお金出すでしょうが、麺にはお金出さないでしょうに。
関連記事

| 食 -Food | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

M-point前にある屋台がおいしい

M-Pointの前とかにある屋台。M-point以外の場所でも見たことあるような気がしますが、これもフランチャイズなのかなんなのか。

パッタイ屋台

今まで食べたことがなかったのですが、先日初めてここでパッタイを食べてみました。かなり、おいしいです。料金は15,000kip。テーブルが少ししかないので一人で行ってその場で食べたりしづらいですが、お持ち帰りでもいいかも。隣でラオス人のカップルがラープ(たぶんDuck)を食べてました。それもおいしそうだった。今度買ってみようかなと思います。
関連記事

| 食 -Food | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャンの新スナック

メコン沿いのM-point横に、屋台が2つ並んでいました。

ひとつは、これ。

チキンカツ屋台1

最近ビエンチャンでは、あちこちでこういったバブルティーのスタンドを見かけます。フランチャイズ大募集!って書いてありました。やろうかな・・・w

そしてその隣には、

バブルティー

フライドチキンのお店がありました。酔っ払っていたのもあり、ふらふらとチキンに吸い寄せられていく私。チキン一つは12,000kip。隣のお茶とセットだと20,000kipらしい。お茶はいらないので試しにチキンを一つだけ購入。その場で揚げてくれるようです。

≫ Read More

関連記事

| 食 -Food | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

突然の結婚式

先週末の真っ昼間、突然花婿行列が近づいてきました。あれ、結婚式?ていうか、あれ、カオパンサー入ったのに結婚式いいんだっけ??なんて考えている間に行列はなんと私が住んでいるアパートの一室へ。。。行列というにはさみしいくらいの人数しかいなかったのですが。。。

wedding

どうやらうちのアパートに住んでいる人が花嫁らしいのですよ。と、遠巻きに観察していますと、花婿はラオス人、花嫁は西洋人の女の子だそうで。私は同じアパートに住んでいながら彼女とは全く面識がないのだけど、まぁー、思い切りましたよね。

花嫁の両親もやってきたみたいで、お父さんなんて、家の前で、花婿に向かって、「どうやって娘をサポートするつもりだね?」とか、「なんでうちの娘と結婚したいんだね?」とか質問してて、冗談なのか本気なのかわかりませんが、花婿にとっては結構なプレッシャーだったのではないかとお察しいたします。。。

(近づいて写真撮っても誰も文句言わないのだろうけど、近づいて写真が取れないアマノジャクな私の性格を皆さんならご存知かと思います)

外国人だから今結婚しちゃってもいいのかなー(普通のラオス人なら、カオパンサーからオークパンサーの間は結婚式とかしない)とか、まあ、オークパンサーまで待てない理由でもあるのかなぁとか、他人ながらに(他人だからこそ)いろいろ詮索してしまいますが、、、愛に国境はない!てことで、応援してあげたいのでした。

そして一行は、家に入るでもなく、花嫁をかっさらって車に乗ってどこかへ去ってゆきました。あっというまのできごとでした。家でバーシーとか、まあ、しないわよね、外国人だしw

≫ Read More

関連記事

| 住 -Living & Culture | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。