ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャン発ダナンへの旅⑥

翌朝、窓から外を見ると、ダナンの街が見渡せました。

ダナン2

ダナン1

おぉぉ、ダナン、都会だぁ。。。高層ビルがニョキニョキ生えている。そもそも、自分たちが泊まっているホテルの部屋が22階て、それだけでビエンチャンではありえないこと。こうして高いところから景色を見るって言うこと自体が、なんとも新鮮でした。

ダナン3

かっこいい形の高層ビル。街を歩けば工事中のところがたくさんあって、これから益々高層ビルやホテルも増えそうです。ダナンが発展中だというのがビシビシ伝わってきますね。

ビエンチャンでは、全く歩くことはないのですが、旅ともなればウキウキして暑いさなか歩き回ってしまいます。ダナンはご覧の通りビエンチャンよりはるかに都会ですが、バイクや車の量はほどほどで、道路を渡るのに困るほどのことはありませんでした。バイクは多いなぁと思ったけど、逆に車の量はあまり多くない気がしました。タクシー以外の車って、そんなに多くないみたい。最近のビエンチャンのほうが、よっぽど車が多いように感じました。

ダナン4

川沿いの道路。夜はライトアップしていました。

≫ Read More

関連記事
スポンサーサイト

| Out of Laos | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャン発ダナンへの旅⑤

ほどなく、やってきたバスをおばちゃんがとめてくれました。このバスでどうやらダナンまで行けるらしいです。すぐに次のバスに乗れて、ラッキーじゃない?ヴィンに着いたのはおそらくお昼の12時過ぎで、次のバスに乗り込んだのが12時45分くらいだもん。

スリーピングバス

再びスリーピングバス。この形のバスってベトナムからきたんでしょうかね。横幅は広くはないけど、やっぱり脚をちょっとのばせるから楽かな。前のバスもそうだったのでこの形のバスの共通事項のようですが、靴はバスに乗るときに脱いで、ビニール袋に入れて保管します。また、食事休憩などの際にはサンダルも用意されていて、いちいち自分の靴をはかなくても大丈夫です。トイレはバスの後方にありました。

ところで、列車について私が見たのはこのページですが、今改めて調べると、他にも出てくる。これとか、これとか。おおむね私たちが乗ろうとしていた12:01発というのは正しそうだけど、その場で聞くまでは安心できなさそう。

地図を見ていて、まあ、そうだろうなとは思っていましたが、バスは今来たばかりの道を戻っていきます。ということは食事をしたレストランあたりで降りてダナンへ行くバスを拾ってもよかったということでしょうが、自力でそれをするのは難しそうです。そしてバスはまさかのランチストップ。さすがにさっきご飯を食べたばかりですから、スマフォの充電をさせてもらいつつ出発を待ちます。(何も飲み食いしてないのに盗電してすみません)

再び走り出したバスはひたすら南下してゆき、あっというまに国境への分かれ道も通過。さらにそのまま南下を続けます。ベトナムに入ったとはいえ、周りは田んぼで水牛もいて、ラオスとそう変わらない感じがします。

田んぼ

≫ Read More

関連記事

| Out of Laos | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャン発ダナンへの旅④

いよいよベトナムに入りました。国境を出たのは朝9時頃。バスはこの先たぶんヴィンを通るはずなんだけど、とにかく心配なのでバスに乗る前にバスの運ちゃんにヴィン、ヴィンとヴィンで降りたい旨をアピールしておきました。

地図で見るに国境からヴィンまではそう遠くはなさそうなのですが、これまで来た道の距離と時間を考えると、3時間で着くかどうかというところ。ラオスにいる間にネットで調べた列車の時間がヴィンを出るのがお昼の12時過ぎだったのは覚えているけど、ちゃんと保存もしてなきゃ記憶もしておらず、正確な時間がわからない。。。一日に4本くらいあったのは覚えているけど、他の便が何時発だったのかも覚えていないという適当加減。11時台にヴィンに着いてくれることを祈るのみ。

道中ちょいちょい地図を確認するも、意外に進んでいなくてやきもきしてばかり。もちろんヴィンからバスという選択肢もあるけれど、バスって昼間でもあるのかしら。

もうちょっとでヴィンに着く、なんとか12時くらいには着くんじゃなかろうか、とりあえず駅に行って列車に乗れるかどうか確認して、だめだったらバスターミナルってことでどうかなと自分なりにプランを練っていたところ、あえなくバスがランチ休憩のため停まってしまいました。。。こりゃ列車は無理だなぁ。

ベト飯

昨日のディナーと同様、米の上に肉や野菜が乗っかっています。これがベトナム飯なのねぇー。それにしてもこの米の多さったら半端ないですよ。食べきれないー。

≫ Read More

関連記事

| Out of Laos | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャン発ダナンへの旅③

国境手前でのながーい休憩を終え、5時ごろ国境に向けて出発。1時間ほどで国境に着くも、国境はまだ開いておらず、さらに1時間ほど待機。国境にはすでにトラックやバスが数台待っていました。

国境2

結構山を上ってきたのか、涼しいです。川も流れています。バス数台分の人が、一斉に待機中。こりゃイミグレ抜けるのに相当時間がかかるのでは。。。

国境1

ところで、国境に着いたと思ったら、というか、おそらく朝だからでしょうけど、バスを降りたベトナム人たちがそこここで歯を磨いているのでびっくりしました。ベトナムの人たちがそこまで歯磨きに熱心だっとは、全く知りませんで。だからバスには歯ブラシ完備だったんですねーw まあ、これからまだまだ長旅が続きますから、清潔にするのは結構なことです。

国境3

この国境、ラオス側はナンパオ(Namphao)だそうです。

【教訓】
顔洗って歯を磨いて、イミグレでの心象をよくしよう(笑)。

≫ Read More

関連記事

| Out of Laos | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャン発ダナンへの旅②

とりあえずビエンチャンを出発してはみたものの、バスの中でネットでちょっと調べてみたり、地図を見たりしたら、ヴィンからダナンまでって結構遠いのね。。。11時間とかかかるみたい。大丈夫かな、これ。。。自分の判断が正しかったのかどうか、一気に不安増殖。でも、もうバスに乗っちゃったのだから、腹をくくるしかない。

21時過ぎ、バスは夕食ストップ。ビエンチャン~ルアンパバーンのVIPバスなんかは途中のご飯が含まれていて、チケットの半券がミールクーポンになっていたりするのだけど、このベトナムバスは初めてで何もわからず。周りの人を見るに、カウンターというか厨房というかで、お金払ってご飯をもらっていたので、我々もそれに従うことにしました。

が、これが大変だった。とにかく、並ばない人たち。。。まぁ、ラオス人も並ばないから多少のことには驚かないけど、並ばない上に、みんな手にお金持ってお店の人に向かって差し出しています。ここ、まだラオスのはずなんだけど、、、こんな状況、ラオスで見たことがない。しかし待っていたらご飯にありつけそうにないので、郷に入っては郷にしたがえ(だから、ここまだラオスなんだってば)の精神で、皆のまねをしてお金出して待っていたら、なんとかご飯をもらえました。

【教訓】
なにごとも、郷に入っては郷にしたがえ。とにかくローカルをまねる。
あと、長時間移動のときには、食べられるときに、食べておきましょう。


ベト飯

で、ゲットしたご飯がこちら。米+豚肉、卵、野菜。みんな同じの食べてたので、これしかないんだろう。本当に、何度も言うけれど、ここはまだラオスのはずなのに、全てがもうベトナムみたいなのは、どうして。ちなみにバスの乗客もほとんどベトナム人らしい。ラオス語すら聞こえてこない。。。ビエンチャンを出てから2時間ちょいなんですが、ねぇ?

≫ Read More

関連記事

| Out of Laos | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。