ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無法地帯への道

ルアンパバーンの街は無法地帯と化し始めました。あっちでもこっちでも水が舞う。もう待ってはくれません、バイクに乗っていようが、観光客だろうが、彼等は容赦しなくなってきました。

地元の人は全身ずぶぬれ率高し。水鉄砲を携え、全身水浸しでバイクや自転車に乗るこども多数。

Cafe Ban Vat Sene前の小学校。校庭ではこどもたちが水のかけあい。水鉄砲、ペットボトル、バケツなど、それぞれの武器を携え、激しく戦っている様子をほほえましく見ていたのですが、仲間内では飽き足らなくなったか、とうとう路上へ。

kids

(獲物を待つこどもたち)

そして、通過する観光客にも水をかけ始めた!おもしろくなってきたぞと写真を撮ろうと近づいたら、私も水かけられた!なんで?同じように写真撮ってた男の人たち(観光客)にはかけてなかったじゃないかー。

その後、ちょっと様子を見てみようとメコン川沿いの道へ出たら、これがひどかった・・・。水鉄砲どころではありません。ホースから水があふれだしているところもあります。そりゃあ家の水の出も悪いはずです(関係ないか?)。

そんでもってバイクに乗ってた私も、バケツでびっしゃーんと水かけられました。しかも欧米人に。誰よ、あんた。在住者?ツーリスト?っていうか、一人でいるときに水をかけられるほどさみしいものはないような。笑うことも怒ることも叶わず。。。でもまあ気にせず、明日からは外に出ていっぱい写真撮ってくるぞっと。カメラ大丈夫かなぁ・・・。

これは本気で戦わなければなりません。ペットボトルでも微力ながら応戦できそうですが、私も水鉄砲欲しいなぁ。

とまあ、こんな感じのルアンパバーン。ちょっと待って!って言ったくらいでは彼等は待ってくれませんので、ぬれて困るおしゃれな服は着ないこと、また、ぬれて困るものは持って出ないかビニール袋にでも入れたほうがよいかもしれません。お化粧崩れを気にする方はヘルメット持参で(笑)!?

ぬれた服で帰宅した後、我が家の周りにも子供がいっぱいいるのに水かけしないのかなと思っていたら、やっぱり始まりました。が、メコン川沿いの人たちよりマナーがいいというか、意外と控えめで、誰でも構わず水をかけるということはないらしい。

大人にはあんまりかけないみたい。バイクに乗ってる人にもあんまりかけない。そばで親が見てるのであんまり調子に乗ると怒られますので・・・。というか、バイクに乗って通り過ぎる人も、やめて!って断れるみたい。

ということで、一番のターゲットはやはり近所の子供同士、あとは自転車に乗ってる子供。ターゲットがなかなか通りかからないので、ほとんど自分たちで水かけあってましたけど。

kids 1

(あら、バイクの人にもかけてましたね・・・)

kids3

(ターゲットがなかなか通らない)

kids2

(女戦士。強そう。っていうかこの水鉄砲欲しい!)

晴れていて気温も高く、水かけ日和のルアンパバーンからお伝えしました。
関連記事

| 住 -Living & Culture | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/103-ee425bc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。