ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルアンパバーンの宿 Ancient Luangprabang (Ban Phonheuang)

先月ルアンパバーンに行こうと思ったとき、精神状態がかなりヤバかったのです。だから、高級スパにも行っちゃったし、バスタブのある部屋に泊まりたくて、そこそこの値段できれいそうなところを選びました。

最初のお宿は、Ancient Luangprabang HotelのBan Phonheuangの方。これは、ナイトマーケットの目の前にあるあちらのホテルではなくて、去年くらいにできた新しい別棟で、ワットシェントーンの近くにあります。

ancient

ビエンチャンから夜行バスでルアンパバーンに行ったため早朝にルアンパバーンに到着。とりあえず荷物だけでも置かせてもらえればと思ってまっすぐホテルに向かったら、お部屋が空いているとのことで、そのままチェックインしてお部屋に行くことができました。ラッキー。Ban Phonheuangのホテルはラオスタイルの2階建て。私は1階の端の部屋で、レセプションを通らずに部屋に入れるのがいいな・・・なんて思ってしまいました。

Ancient LPB 1

ツインのお部屋でした。お部屋はもうひとつのAncientのと似た感じで、必要十分なアメニティと広さでかなり満足です。


Ancient LPB 3

シャワーはセパレートでレインフォールシャワー?ていうのかしら、ハンドシャワーじゃなくて頭の上にあるシャワーです。バスタブが、これまたAncientらしいけども、モロむきだし。。。ダブルの部屋ならともかく、ツインでこれって、、、同性同士のご旅行には使いづらそうですね。。。

Ancient LPB 2

バスタブがあっても果たしてためてゆっくり浸かれるくらいのお湯が出るのかどうかは疑問でしたが、結果から言いますと、大丈夫でした。一人なら、バスタブいっぱいにはれるくらい、熱いお湯が出ました。というか、最初はものすごい熱々ですがやっぱり途中からぬるくなります。でも最初の熱々の分を水で薄めても十分なくらいの量でした。ただし、そのあとしばらくはシャワーを使ってもぬるかったりするので、二人で使おうとするときついかも。あと、真冬はやっぱりきついかも。

静かなロケーションだけど托鉢見るには便利な場所です。まあ、私は托鉢とか、見なかったんですけど、今回は・・・。Wi-Fiも無料なので、結構な時間ネットしてました。朝食付だったのですが、朝食はいろいろと食べたいものがあったので、結局ホテルでは食べませんでした。そんなに期待できそうもなかったし。。。

むき出しのバスタブが気にならない人にはおすすめのホテルです。
関連記事

| Travel Tips in Laos | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/1049-26f9952e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。