ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これがルアンパバーンの水かけだ!!

あまりの水のかけ具合に、途中で写真撮るのはあきらめてました。なので、後で探してみても、あまりいい写真がありませんでした。写真を撮るか、水かけに参加するか、どっちかに専念しないとどっちも中途半端になっちゃいますね。それが私です。

水かけのピークは2日目と3日目、ミス・ニューイヤーのパレードの前後が一番すごかったです。特にシーサワンウォン通りとメコン川沿いの道が人口密度も高いので、すさまじかったですよ。14日あたりからは水だけでなく白い粉が出てきたり、色のついた水や粉が出てきたり、正体不明の黒いものを顔につけられたりと、とにかくすごい!間違ってもきれいな高い服なんか着てはいけませんよ。

water3

(手で赤いのグニグニしてる・・・これを顔に塗りたくられたり、服に手形つけられたりします。)

ところで、なぜかアロハシャツを着てる人がいっぱいいるのが不思議で。そういやピーマイの前にアロハシャツを売ってる屋台があったのだけど、こんなの誰が買うんだと思ったら、、、きっとアロハシャツはこのためだったんですね!来年は私もアロハで参戦したいと思います。

watear2   people2

(水かけにはアロハ!?)

さてさて、路上に出てみてもかける相手がいないことには始まりません。通り過ぎるツーリストにかけてみたり、通行人がいなけりゃ自分たちでかけてみたり、隣のチーム(?)にかけてみたり。まあ、相手は誰でも構わないわけです。

さらにさらに盛り上がるのは、ミス・ニューイヤーのパレードの後。今度は水を積んでトラックに乗った人たちが道を流し始めるんですね。それが通る度に路上の人とかけあい。水と粉の応酬です。明らかに乗りすぎ!って車があったり、ゲイが乗ってる車があったり、これはまるでカーニバルだと友達は言っていました。たしかに。。。

water8

(やっぱりアロハ着てるでしょ!?)

water9   water10

(明らかに乗りすぎじゃ。。。というかどこから持ってきたんだこんな車!?小さくて見えないですが、顔が黒かったり白かったりするのわかるでしょうか。)

路上では大音響で音楽をかけるところあり、踊る人あり、酒盛りする人あり、と、とにかくみんな楽しくて仕方ないのです。私は最初の頃は中途半端に写真を撮ってましたが、途中から写真はあきらめて一緒にお酒飲んだり水かけたりし始めたらそっちのほうが楽しかった。これは参加型のお祭りです。大人も子供もラオス人も観光客も、顔や服を白・黒・赤・緑・黄色など、様々な色に染めて楽しんでいました。

water6   water4

(ツーリストもアロハ!ポリスにも容赦ないっす。)

water5

(ここまでしてるんだから察してあげてもいいのに、という気もしますが・・・。水をかけるほうはそんなのお構いなしなので、あきらめたほうがよいでしょう。)


特に16日はピーマイ最終日とあって盛り上がりも最高潮。この日は私も写真のことなど忘れ、到着した友人とホテルの前でホテルスタッフなんかと一緒になって水かけしたり、その後なぜか場所を移して知人宅の前で水かけしたりと、水かけに専念。実際に水かけをして思ったことが一つ。水鉄砲は長く水をかけられるけど勢いがないので、ひしゃく?とか小さいボウル?とか、トイレにある水を流す用の器くらいが一発だけですが思いっきりかけるにはちょうどよく、こっちのほうが日頃のストレスも発散できます(笑)。

知人宅はメインストリートからちょっと離れているのですが、若者が盛り上がって遅くまで水かけしていて、特に子供とかは誰彼構わず水をかけるので、水かけられて怒ってる人もいたし、これからナイトマーケットに行くおばちゃんなんかにもかけちゃって、そりゃまずいなと思ったり。。。夕方だとさすがに着替えて出かける人もいるでしょうからねー、かけるほうは楽しいけどかけられるほうはちょっぴり迷惑、かも。夕方になると濡れた服では寒いですからね。。。メインストリートあたりではかけられるの当たり前で通る人も覚悟しているでしょうが、その他の場所ではほどほどにしましょうね。

水かけって結構疲れますね。かけられるほうも、かけるほうも。。。楽しいけど、3日くらいでやっぱりちょうどいいのかもしれません。。。それにしてもこの3日間のビアラオの消費量はどれくらいだったのか気になります。。。

さてさて、こんだけハチャメチャに水をかけまくっていましたが、17日からはピタっとやみ、平穏な日々が戻りました。なのでどうしても水かけされたくないというひねくれた人は、三が日が終わってから来てみてください。正月前に来るとかけられる可能性はありますが、正月後ならかけられる可能性はほとんどありません。ただ、郊外のほうに行くとまだ水かけしてる子供とかいましたけどね(笑)。

water7

(どうしてもかけられたくない人はレストランに避難。それでも手前のほうだと危険です。だいたい、ここまでの移動中に水を避けるのはかなり難しいと思いますけども・・・。)

まとめ
1、水かけは楽しい!
2、水かけは参加するともっと楽しい!
3、水をかけられても怒らない。あきらめて濡れると結構楽しい。
4、水をかけられて困るものは持って歩かないか防水対策を。
5、汚されて困る服は着ない。
6、アロハシャツを着ると地元の人との一体感が強まる(ほんとかな)。
7、着替えはたくさんあったほうがいいけど、昼間干せばすぐ乾く。
8、傘があるとある程度カバーできるが、結局は濡れる。日除けには使える。
9、子供は容赦ないので要注意。
10、はしゃぎすぎると筋肉痛になる人もいる。
関連記事

| 住 -Living & Culture | 05:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>taroimoさん
そうですね、大人になってここまで水をかけていいことって普通はまずないと思うので(笑)、普段できない分余計楽しかったです。
まだまだルアンパバーンも暑いので、もっと水かけやってもいいのになーなんて思ったりします。

| らお子 | 2009/04/25 01:29 | URL |

水かけってのは子供のころやって、楽しかった経験があります。 最近は、やらないですが、すっごい面白いんだろうなと思います。ラオスっていいな。

| taroimo | 2009/04/24 15:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/111-4694a52b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。