ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Noodle House

Khop Chai Deu 系列の、NOS Sushi Barというお店があったのですが、ちょっと前に新装開店いたしまして、「Noodle House」というお店に変わっていましたので、どんなものかと行ってきました。

内装は特に大掛かりな改装などもなく、ほとんどNOSのまま使っていました。なので、むだに広いカウンターが中央にあったりします。

Noodle House 2

青い照明もたぶんそのまま

メニューはいたってシンプル。本当の本当に、ヌードルしかないようです。種類も10種類くらいでしょうか。フーに、カオピアックにパッタイに、、、って、どこでも食べれるしそれに20,000kipとか25,000kip出すのはなんだかなぁと思ってしまうローカル根性。ルアンパバーンのカオソーイもあって気になりつつも、結局頼んだのはスキ・シーフード。

Noodle House 1

お茶とビールが同じ色

なんで「スキ」と呼ぶのか、タイスキみたいなイメージなのか、いまだに深く掘り下げようとしないのでわからないままですが、このスープ麺が一番高かったメニューで35,000kipでした。どんだけハイソな人をターゲットにしようとしてるんでしょうか。

シーフードもいっぱい入っていて(まあ、エビとイカですけど)、味もよかったけれど、35,000kip出してまた食べたいと思うかといったら、そりゃ思わないでしょうw せめてもうちょっとサイドメニュー的なのも出すとかしたらいいのでは。一杯じゃ物足りないと思っても、麺2杯ってわけにもいかないし。

一体どこへ向かおうとしているのか。ちょっと心配な感じです。

なんでスシ屋さんやめちゃったんでしょう。いつもいっぱいってほどではなかったけど、お客さんたまには入っていたようでしたが。私には高級すぎて全然行かなかったけど、お金持ってる日本人の方なんかはたまに行ってらしたと思いますし。(僻み歪み、お許しくださいw) 金持ちラオス人も、スシにならお金出すでしょうが、麺にはお金出さないでしょうに。
関連記事

| 食 -Food | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/1169-d8a203b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。