ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャン発ダナンへの旅④

いよいよベトナムに入りました。国境を出たのは朝9時頃。バスはこの先たぶんヴィンを通るはずなんだけど、とにかく心配なのでバスに乗る前にバスの運ちゃんにヴィン、ヴィンとヴィンで降りたい旨をアピールしておきました。

地図で見るに国境からヴィンまではそう遠くはなさそうなのですが、これまで来た道の距離と時間を考えると、3時間で着くかどうかというところ。ラオスにいる間にネットで調べた列車の時間がヴィンを出るのがお昼の12時過ぎだったのは覚えているけど、ちゃんと保存もしてなきゃ記憶もしておらず、正確な時間がわからない。。。一日に4本くらいあったのは覚えているけど、他の便が何時発だったのかも覚えていないという適当加減。11時台にヴィンに着いてくれることを祈るのみ。

道中ちょいちょい地図を確認するも、意外に進んでいなくてやきもきしてばかり。もちろんヴィンからバスという選択肢もあるけれど、バスって昼間でもあるのかしら。

もうちょっとでヴィンに着く、なんとか12時くらいには着くんじゃなかろうか、とりあえず駅に行って列車に乗れるかどうか確認して、だめだったらバスターミナルってことでどうかなと自分なりにプランを練っていたところ、あえなくバスがランチ休憩のため停まってしまいました。。。こりゃ列車は無理だなぁ。

ベト飯

昨日のディナーと同様、米の上に肉や野菜が乗っかっています。これがベトナム飯なのねぇー。それにしてもこの米の多さったら半端ないですよ。食べきれないー。


ところで、このレストランではあらかじめ食券を買うシステムらしい。食券売ってるおばちゃんの後ろにでっかくメニューと料金が書いてあるのでぼられるということはなさそうですが、なんせメニューはベトナム語オンリーというハードルの高さ。。。幸い、私はなぜか、COMがご飯、PHOはフォー、GAはチキン、BOはビーフというのだけ知っていたので、適当なCOMを一つとPHOを一つ買おうと思いました。

ベトナム人、やっぱり並ぶということを知らないらしい。お金を握って待っていてもおばちゃんはこちらを向いてはくれないので、おばちゃんの前に積んである食券を勝手に取っておばちゃんに渡すことで無事購入できました。

そしてその食券を厨房に持っていくも、ここでもやっぱり並ぶ人はいない。誰に食券渡せばいいのかウロウロしていると、店のおねえさんが食券を受け取ってくれて、注文を流してくれました。あら、少しはいいところあるのね、ベトナム人。おねえさんのおかげで無事にCOM(上の写真)はゲットできたのですが、PHOが全然出てきません。いや、出てはきてるんだけど、他の人が持ってっちゃうのw 私はもう食券を渡してしまったので、食券と引き換えにフォーを受け取るということができません。

頼みのおねえさんはこれ以上助けてはくれず、ねえねえ、って助けを求めても今度はシカト。。。腹立って、あたしのフォーガーまだーーー?って騒いでたら(実際にはフォーガー、フォーガー言ってただけですけどw)、やっとおじさんがフォーガー渡してくれました。あぁよかった。ていうか、食事をするだけでなぜこんなに疲れるのか、ベトナムよ。。。

【教訓】
待っていても埒があかないので、騒いでみる。。。


そうして食事を済ませてバスに乗ると、すぐにスタッフがヴィンだぞって呼びにきました。バスターミナルとかではなく、おそらくは街の手前と思われるところでバスを降ろされました。バイタクがやってくるも、どこに行けばいいのやらと考えていると、なぜかバイタクのおじさんがラオス語ができたので、バスでダナンに行きたいって言ったらバイクで連れてってくれました。

って、連れてってくれたのは、100mくらい先の、いや、もしかしたら100mもないくらいの近さのバス停。。。私はまあ、どうせ自力では見つけられないのだからいいじゃんと思ったのですが、相方ちゃんはこの距離で20,000ドン(1ドル)要求してくるおっさんに腹を立てていました(本当に小銭がなかったので、15,000ドンしか払わなかったけどw)。

バス停でコーヒーとか売ってるおばちゃんにダナン、ダナン言うとバスはあるらしい。おばちゃんが言うに、スリーピングバスは一人400,000ドン(20ドル)、普通のバスは一人300,000ドン(15ドル)だそうな。ここからまた長時間の移動だから、スリーピングバスがいいかな。

といってもこの値段も正しいのかどうかわからず、相方ちゃんはバスターミナルでちゃんと値段を調べたかったらしいのだが、だったらそう言えばよかったじゃん、自分だってそれくらいのラオ語はできるだろうに。。。バイタクのおっちゃんが、バスターミナルに行くか、それともバスが来るのを待つか、みたいなこと言ってたじゃない。と二人でイライラモード。

たしかにビエンチャンからのバスで27ドルくらい払ってるし(これはたぶんハノイまで行ける値段だと思うのよね、やっぱり)、さらにここから20ドルって、結構な値段になる。ま、乗ろうとしてた列車もたしか20ドル以上するみたいだし、こんなもんなんじゃないのかなと納得することにした。列車の値段、あってるのかどうか知りませんけども。
関連記事

| Out of Laos | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/1222-38fa6c38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。