ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャン発ダナンへの旅⑫

もうここからはあとがきみたいなものですが、、、はい、また長時間のバス移動が始まります。でも今度はビエンチャンまで直通のはずだから、来たときほどは時間もかからないだろう。

朝早く起きて、チェックアウトして、タクシーでバスターミナルまでやってきました。(バスターミナルは街から結構離れています。)ダナンラストナイトを泣く泣くベッドの上で過ごした甲斐はあり、体調はよさそうです。

ダナンバスターミナル2

おととい窓口のおねえさんに聞いたら、ビエンチャン行きのバスは朝8時発で、値段は600,000ドン(30ドル)で、毎日あると言われたのです。予約できるものならそのとき予約したかったのですが、「明日」はわかっても「あさって」という英語がどうにも理解できないようで、結局その場でチケットは買えそうもなかったのであきらめました。まあ、毎日あるなら、早めにくれば乗れるだろうと思ったのです。

が、、、この日窓口へ行ったらば、ビエンチャン行きのバスは、ないって言われてしまいました。。。当たり前のように、ないって言われましたwww 昨日ならあったのか?毎日じゃないのか??あのおねえさんたちの回答は一体なんだったんだろう???えーーーー。

しかしこうなるともう、選択肢は他になくて、とりあえず目指すべきはサワンナケート。サワンナケートならあるでしょう。サワンナケートと聞いてみると、おねえさんは、あっちあっちと指差します。が、「あっち」ってどこだ?と思いながら、「あっち」らしき方へ行ってみると、サワンナケート行きらしいバスがありました。

ダナンバスターミナル1

サワンナケートって書いてありますものね。サワンナケート、サワンナケートと連呼すると、そこにいたおじさんも、これだこれだ、ってな具合で答えてくれる。が、おじさん、チケットあるかと聞いてくる。チケットありません。するとおじさんに、あっちでチケットを買えと言われるが、だから、あっちってどこなんだよ。。。

ウロウロしてみるもわからないので、おじさんを無理矢理「あっち」に連れていくと、たしかにチケット売り場がありました。プライベートカンパニーのバスのようですな。サワンナケートまでは、400,000ドン($20)とのことでした。バスは7時半出発。早めに来ておいてよかったよ。。。

【教訓】復活w
ローカルバスの旅は、本当に人の言うことあてにならないし、何があるかわからない。。。
でも、とりあえず朝早くバスターミナルに行けば、途中までは行ける。とにかく行ける所までいって、それから考えましょうw
それから、やはり、プランBの準備と心の準備も忘れずにww


7時半発といわれても心配だからバスの前で待機。すると、バスに大量のタマネギを積んでいました。。。ジャガイモも混じってたようにも見えたけど、、、このタマネギ、つぶれたりしたらすごいニオイしそう。ていうか、そこ、荷物も一緒に積んでるんですけど。。。

ダナンバスターミナル3

それにしても、このタマネギどこまで持ってくんでしょうかね。サワンナケートまで持っていくんでしょうかね。。。そうこうしているうちに、出発時間が近づき、バスに乗車するように言われました。おなじみの、スリーピングバスです。

スリーピングバス

ただこのバス、今まで乗ってきたバスと違うところは足の部分にカバーがないということ。覚えていらっしゃるかわかりませんが(というか、理解していただけるかわかりませんが)、とにかく今までのバスと違って足が自由になり、これは実際、とても楽でした。荷物置き場としては不安定ですが、今まで以上に脚を伸ばすことができて、快適なのです。

ダナンからフエまで行くのに、その昔私がバスで移動したときには峠であったはずのところが、トンネルになっておりました。ハイバントンネルです。下の写真は、たぶんトンネルの前、だったと思いますが、こんな感じの景色でした。

車窓風景2

トンネルは思った以上に長く、立派なものでした。ヴィンからダナンに来る途中にもトンネルを通ったけれど(このトンネルだったのか?いや、でもまだ明るかったので、こんなにダナンに近いはずはない。)、そのとき、日本以外のこのへんのアジアで、そういやトンネルって初めて通ったかもっていうような話をしていたけれど、トンネルを見ると、たしかに日本を思い出します。

車窓風景3

地図で見る限りでは、ランコービーチのあたりと思われる場所。ネットでダナン周辺を調べていて、ランコービーチっていう文字は見ていたけれど、まさかダナンから山越えトンネル越えるとは思っていなかったので、行こうと思い立たなくてよかったと思います。。。静かできれいっぽいですけどもね。

車窓風景1

道路は非常にきれいでした。ただ、山道なので、スピードはゆっくり目。うっかりラオス北部の移動を思い出してしまいます。そして、こんなヘアピンカーブも多々あり。ヘアピンカーブでは、うっかり、いろは坂を思い出してしまいました。。。北関東の人間なもんで、日光とか、よく行ってましたからw

車窓風景5

こんな日光っぽい風景は、まだダナンを出発して1時間ほどのところです。やることないのでしょっちゅう地図で現在地を確認していました。ダナンを出て3時間ほどの頃、そろそろフエかなと思っていたら、特にバスターミナルに寄るでもなく、あっさりフエを通過していました。

来るときにも思いましたが、私の知っているバスの旅というのは、だいたいいろんな町を通過するたび、その町の中心を通ったりとか、中心でなくとも、バスターミナルに寄って乗客を降ろしたり乗せたりするものだったのですが、ベトナムの長距離バス、いちいちバスターミナルに寄らないのね!!ハイウェイが町の中を通らないんだと思いますが、だから途中の町でバスを降りるときには町の端っこで降ろされるし、降りるのは、ともかく、そういうバスを途中で捕まえるのって、難しいんじゃないかと思います。

バスターミナルに行きさえすれば、目的地に行くバスを拾えると思っていた私にとっては、軽く、いや、かなり、ショックな事実ですよ、これは。。。街道沿いでバスを拾うというのは、ローカルにはできても、旅行者には難易度高いと思うので。ヴィンでの乗り継ぎしかり、バスターミナルにこだわらず、ローカルの言うこと聞いたほうが、いいのかもしれません。ただ、それが、信用できる人なら、いいですけどもねw

【教訓】
ベトナムの長距離バスは、バスターミナルに寄らないのか!?始発から終点までは問題ないけど、途中で降りたり途中から乗ったりするのは難易度高いぞ。ツーリストバスはそんなことないんでしょうけども。
関連記事

| Out of Laos | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/1231-2e6a77e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。