ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

滝でマイナスイオンを補給(タートクワンシー)

ルアンパバーンの郊外にもう一つ、タートクワンシー(クワンシーの滝)という滝があります。クワンシーはルアンパバーン市内から約30km、車でだいたい小一時間かかります。クワンシーの方は確実に日本人がイメージする「滝」。乾季だと水量は減りますが、それでも結構な勢いで流れ落ち続けています。マイナスイオンたっぷり(な気がする)。

クワンシー1   クワンシー7

うわ。全く同じ写真撮ってる・・・。
左2008年11月、右2009年8月。


ということでほんの少し違う写真に変更。

クワンシー9

橋の上に立って写真を撮るとなかなかよいですよ。

滝に向かって左側に階段があり、そこを上っていくと(途中から階段がなくなります)滝の上に出られます。柵というほどのちゃんとした柵はないので、足元には十分注意してください!!

クワンシー4   クワンシー5

上はこんな感じになっています

クワンシー2   クワンシー6

上から見るとこんな感じです。ドドドドド・・・。

クワンシー3

滝の上から見える景色

去年初めて行ったとき、階段の存在を知らずに滝の右手から山をよじ登って(っていうほどじゃないですが)行ったんですが、下りるときになって階段の存在を知って「あ・・・」ってなりました。そのときは日本人の男女6、7人くらいで滝めぐりをしたんですよね。ラオスに移住してきたばっかりで孤独に暇で死にそうだったのでとても楽しかったです、いまさらだけどありがとうございました!あれだけ日本人が集まったのもすごいなぁ。

滝付近は遊泳禁止になっていますが、少し離れたプール(水たまり)では泳ぐことができます。いかにもという感じの木にロープがかけられていて、地元っ子はそれを使ってプールにダイブしたりしています。近くに一応更衣室もあります。

Kwansi1

「Do Not Swimming Area」(みんな無視)
2009年4月。乾季でも水遊びできるくらいには十分水があります。

Kwansi5

ダイブ!

クワンシーも休日になるとピクニックに来る家族連れやグループでにぎわいます。ぜひお弁当とビール持参で来たいところですね。

Kwansi2

混ぜてほしい・・・

で、このタートクワンシーの公園内には、こんなものが。

クワンシー熊1

作り途中

クワンシー熊3   クワンシー熊4

完成したらしい。・・・パンダ?

何かというと、この中に熊の保護施設があるんです。っていうか、熊飼ってるんです。昔はトラもいたのですが、死んでしまったそうです。パンダはいません。

クワンシー熊2   bears

わりといつも寝てる

タートクワンシーへの行き方:
ルアンパバーン市内からメインストリートをワットシェントーンと反対の方に。タラートポーシーを越えて、The Grand Luang Prabang Hotelの看板も越えてまだ進んでいくと正面が砂利道になるのでそちらには行かず、舗装されている方の道路に道なりに右折。そこからただひたすら道なりに進んでいくと、クワンシーの滝に到着です。駐車場にはみやげ物屋やレストランがあります。

トゥクトゥク 200,000kip/台(今一応これで統一らしいですが人によっては交渉で下がるでしょう)
クワンシー入場料 20,000kip/人

クワンシー8

みんなの滝をいつもきれいにね

クワンシーの滝もたまに行くとやっぱりいいなーと思うけれど、もう一つのセーの滝もかなりいいですよ!
関連記事

| Luang Prabang Info | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/265-a854d1f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。