ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルアンナムター① トレッキング編その1

10月にルアンナムターへ行ったのですが、これがよかったんですわ!今、ルアンパバーンの次に住みたいくらい。何がそんなによかったのか・・・??よくわからないけど、また行きたいな~。

ルアンナムターといえば、トレッキング!ってことで、私も一日くらいトレッキングをしてみるべく、ラオスのアドベンチャーツアーを各地で行っているGreen Discoveryのオフィスへ行きツアーを申し込みました。とはいえ、本当は一日ボートツアーというのに参加してみたかったんですが、他に参加者がいなくて一人だとものすごく高いから、あきらめて既に参加者がいたツアーに申し込んだのでした。。。一人旅はつらいよね。

ということで私が参加したのはBan Nam Yang Trek in the NPAという一日ツアーです。アカ族の村、バン・ナムヤンから森に入ってトレッキングをするとのこと。

朝9時に市内のグリーンディスカバリーオフィスからトゥクトゥクに乗って約40分程でバン・ナムヤンへ到着。この日は私を入れて4名の参加者がいました。



アカ族の村の入口にあるもの。神聖なものだから他の民族は触っちゃいけません。

おっぱい丸出しのおばちゃんが山から帰ってきたりして、こりゃすごいところに来たなぁと思いつつトレッキングを開始するわけですが、ちょうどそのタイミングで雨が降ってきちゃいました。。。一応持ってきてたレインコートを着てみるも、私はちょっと間違ったのを持ってきたかも。バイク乗るときに使うやつしかなかったんだもん。ま、濡れなきゃいいのよ。

森の中を歩く歩く。でも雨はひどくなる一方だし、おかげで足場も悪く、結構な上り下りもあるので足元ばかり注意していて周りを見る余裕もない。そんなに歩けないほどではなかったけど、一緒にツアーに参加した欧米人の女の人はかなりお疲れの様子。

そんな中、道半分くらい来たのでしょうか、大きな道に出ました。ガイドの子がこっちはショートカットだと言う。大きな道を歩いて行けば村に帰れるという。雨も降ってるし、トレッキングを続けてもいいし、村に戻ってもいいとのこと。私は歩いてもよかったし、もういいやっていう気持ちもあって、結局4人の話し合いの結果、この先すごく景色がきれいな場所があるとかじゃなければここで止めてもいいかなってことになり、トレッキングはおしまい。たしかに雨の中山の中歩いてもあんまりおもしろくないし。

そもそもよく考えたら、ルアンナムターといえばトレッキング!とか言いながら、全然トレッキングの用意してなかったんですよね、私。靴もちゃんとしたスニーカーじゃなくて、街の中歩くくらいの靴しかなかったの忘れてて、自分でトレッキング申し込んでから、ありゃ、こんな靴しかないや・・・って(笑)。

そんなこんなで村に戻って、村長さんのおうちでお弁当を食べさせてもらうことに。村長さんはラオラオを出してきてすすめてきます。なんとなく写真撮りづらくて撮らなかったけど、女の子が民族衣装を着ていて、というか特に頭にかぶる帽子みたいなやつ、きれいだったわ~。



ラオス料理はうまいよね~

今はなくなったみたいだけど、昔はアカの村では、結婚前の女の子は村長と一晩だか二晩だか過ごさないといけなかったとかなんとか・・・。村長、役得というかなんというか。。。

そんな話を聞きながらご飯を食べていたらいつの間にか雨もやみ、青空まで出てきたし。まあ、そんなもんですよね。



村からの見晴らしが一番よかった



こどもがかわいい

天気には恵まれなかったけど、トレッキングそのものよりアカ族の村のほうが興味あったので、まあいいかな。
関連記事

| Travel Tips in Laos | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/327-9c1b63e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。