ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

市場飯図鑑

えーと、、、あまりにネタがなくなってまいりましたので、市場で売ってるお惣菜でもぼちぼち紹介していこうかと思います。

市場飯2

というのも、ビエンチャンに来てから、市場惣菜の安さと充実さに感ゲキ中なのです。もう、ラオス料理をレストランで食べる気などしなくなってきますよ。市場のお惣菜は、正真正銘、庶民の味。リアルラオスフードと言えるでしょう。「ラオス料理」って言っても、ラープ、ピンガイ、タムマークフンだけじゃないんだなぁ・・・と改めて確認しています。

市場飯8

惣菜屋さん

お惣菜は、写真のようにバットやボウルに入れて並べられています。買うときは、指さしでOK。これを3,000kipとか、5,000kip、のように金額で指定すると、その分だけビニール袋に入れてくれます。なんだか今では当たり前になってしまいましたが、汁ものをビニール袋に入れて持ち帰るって、最初は結構なカルチャーショックじゃなかったですか?

買えるのはなんとなく3,000kipがミニマムのようですが、野菜炒めやスープなどは3,000kipでも結構な量になります。物によっては(肉とかラープとか)3,000kipだとちょっと少ないかなというものもあるので、量を見て調節しましょう。


もちろん市場には、お惣菜だけでなくラオスらしい焼き物も充実していて、こちらも捨てがたい。炭火で焼いたチキンや豚肉、ソーセージに魚などは、文句なしにおいしそう!買う時にもう一度温めなおしてくれるので、アツアツのを持って帰れます。

市場飯1

市場飯4

最近はいろいろな焼き物マシンがあり、ちょっとおもしろいです。電飾の看板を掲げたお店も(笑)。

市場飯5

市場飯7

市場飯9

ちなみに、こちらで紹介する惣菜の購入場所は、主にタートルアン前のナイトマーケットとナーサイの市場(こちらは昼のみ)です。特にタートルアンの方は種類が多く、新しいものも出てくるので、どんどん試していきたいと思います。料理の名前とか食材とか、食べてみてもよくわからないので、解説は結構適当です(笑)。
関連記事

| 食 -Food | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/739-466aa6c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。