ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サバイディー・ピーマイ・ラオ2011 in ビエンチャン vol.4

私が路上で水かけして遊んでいる間にも、たくさんの人がフタ付バケツ片手にお寺に向かって歩いて行くのを目にしました。どうも、7つだか9つだか、お寺めぐりをするらしいですね。

ルアンパバーンでもみんな寺めぐりをしていたのでしょうか。家の近くとか、有名なお寺?とかにしか行ってなかった気がしますが、それはよくわからない。でも、水かけの真っ最中に寺に行くこともないし、お寺に行くときは基本的には正装だったし、香水と花びら入りのお水はバケツじゃなくて銀色の器に入れてたし・・・やっぱりルアンパバーンの方が美しいなぁ。

でもまあ、ビエンチャンのお寺は、シンはいてなくても、ずぶぬれのアロハ&短パン姿でも快く迎え入れてくれるあたり、懐の広さを感じますね。

水かけを終了して、私もふらりと寺をのぞいてみたのですが、、、思いっきり手ぶらでお金すら持たずに行ってしまい、お供えを買うこともできなければ、おやつを買うこともできないし、写真を撮ることもできない。。。アホです。次の日にでももう一度写真を撮りにお寺に行こうかと思ったのですが、、、何時まで水かけしてるかわからないし、濡れるの嫌だし、わざわざ行くのはもう面倒だし、とか理由をつけて、家から出ませんでした。。。

なので衝撃の写真を撮れなかったのが残念です。

何が衝撃だったかというと、寺の中が水浸しだったのです。本堂の中が。。。仏像に水をかけるって、水かけ用の仏像(こういうの)が用意されているものだと思っていたのですが(だってルアンパバーンではそうだったもん)、本堂のでっかい仏像に向かってみんな水をぴちゃぴちゃかけているではないですか!さすがにバケツを放り投げるわけではないけど、木の枝で水を振りまいていました。えぇ・・・こんなのイヤだぁ。。。

寺の境内では花びら入りのお水もでっかいバケツなどで販売していますし、食べ物屋台も出ていました。うっかり手ぶらで行ってもお参りできますね。本当に何も持たずに行ってはダメですけどw

ピーマイ明けの17日の午前中、まだやってるかなーと思って街なかのお寺に行ってみたのですが、もうすっかり片づいて、本堂も閉まっていました。残念。。。
関連記事

| 住 -Living & Culture | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/752-249100e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。