ラオスっ子クラブ ~Laos Life Diary by Laos Lover~

ラオス在住日本人がラオス生活を綴るブログ。首都ビエンチャンから細々と発信中。ほんとはルアンパバーンが大好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お札

日本のお札ってほんとにきれいだなーって思います。きれいっていうのは、紙そのものがきれい。質がいい、のかな。うっかり洗濯しちゃってシワシワになったりすることくらいあっても、ボロボロの紙幣って見たことありません。

東南アジアに来ますと、紙の質自体そんなによくないからなのか、汚い札に出会います。どうしたらこんなになるのかと思うくらい、触るのもちょっとイヤな感じの真っ黒いお札・・・(笑)。

しかし汚れていようとお札はお札、ちゃんと使えます。ただ、要注意なのは破れているお札。ちょっとくらいなら平気ですが、あんまりビリビリだとさすがに現地でも受け取りを拒否されたりしますので、両替やお釣りでビリビリ、ボロボロのお札をもらったら変えてもらいましょう。

なんて言ってる私は、実際はもらったお釣りなどよく見ないので、ビリビリに破れてテープが貼ってあるお札を結構手にしています。ま、テープで貼ってあるくらい平気っぽいのですが、小心者の私は、受け取りを拒否されたらどうしようとドキドキしながら、そういうお札は他のお札の間に隠したり、半分に折ってこっそり渡しています(笑)。

でも、さすがにこれはどうなんだろう。写真の2000K、これは札として成り立つのでしょうか?真ん中から半分に破れ、そこはテープでとめてあるのですが、下のほう欠けちゃってるんです。さすがに怖くて、ずっと家に置いてあります。。。いつかどこかで使ってみようとは思うのですが、まあ、拒否されても2000Kですしねぇ。。。。。

2000kip

ちなみにキープ札はちょとくらい破れてたって、テープが貼ってあったって使えるのですが、ドル紙幣だとほんのちょっと破れてたり、古いからって使えなかったりします。先日外国人の友達とそれを話していて、同じお金なのに、古くたって価値が変わるわけじゃないのにおかしい!って・・・たしかにそれもそうですね。ま、偽札とか多いみたいで、カンボジアでも古い100ドル紙幣は使えなかったりしてましたよね。そもそも2000Kと100ドルではね、価値が大幅に違いますから・・・。

ラオスではいまだバーツやドルがそのまま使えたりしていますが、近々キープに統一されそうな動きがあります。レストランや土産物屋の支払いも全てキープになるようです。短期旅行者の方には面倒かもしれませんが、でも私は計算が面倒なので全部キープにしてくれたほうが楽な気がします。

ところで、ラオスではコインは使用しません。紙幣のみです。500K、1000K、2000K、5000K、10,000K、20,000K、50,000Kの紙幣があります。前は5000Kとかで事足りてたのに・・・物価が上がっているんですねぇ、50,000Kとか普通に使えます。2,000K以上は柄?がほとんど同じなので慣れるまでちょっと大変かもしれませんね。特に20,000Kと50,000K、色もちょっと似ているので、いまだに暗いところで見ると間違えます。。。
関連記事

| 住 -Living & Culture | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laolaoko2008.blog44.fc2.com/tb.php/84-7d2aecd4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。